【V-nas Clair】国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデルから地形データを作成する

3次元設計

前回、V-nas Clairで図面に座標の設定をしました。

【V-nas Clair】座標軸線(トンボ)より、測量座標系を設定する
3DCADのV-nas Clairで、座標軸線(トンボ)が記載されている通常の2次元図面に、測量座標系の設定を行います。 このように、座標軸線だけが記載されている図面です。 図面の縮尺は「1/20...

 

今回は、その図面に国土地理院が提供する基盤地図情報 数値標高モデルデータを用いて、地形データを作成しようと思います。

 

前回、図面に測量座標の設定を行ったので、位置合わせをすることなく地形データを図面に配置することができます。

地形データのダウンロード

まずは、「基盤地図情報 数値標高モデル」ダウンロードサイトよりデータをダウンロードします。

 

該当する地域のメッシュを選択します。

 

ファイルのうち、5A(5mメッシュ航空レーザー測量)をダウンロードします。

 

ダウンロードには、ログインが必要です。

 

アンケートに記載します。記載後、「次へ」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

 

地形データをV-nas Clairにインポート

ダウンロードしたzipファイルを展開すると、複数のxmlファイルがあります。
zipファイルは2次メッシュコード単位で、xmlファイルは3次メッシュコード単位となります。

メッシュコードについてはこちら。

https://blog.amuse-club.jp/gis/21/

 

今回は対象範囲が狭いので、xmlファイルを一つだけ用いて地形を作成します。

 

座標を設定済みの図面に、地形データをインポートします。

メニューより、「LAND_Kit」「インポート」「JPGIS(GML)5m,10mメッシュ」をクリック。

※「LAND_Kit」はV-nas Clairのオプション製品です。

 

メニューの「JPGIS5m,10mメッシュ」と「JPGIS(GML)5m,10mメッシュ」の違いですが、インポートするxmlファイルの形式によって使い分けるそうです。

 

JPGISのデータは、拡張子が同じxmlファイルでも、XML形式とGML形式があるそうです。

 

今回ダウンロードした国土地理院のデータを、テキストエディタで見てみると、「GML形式」である旨の記載があります。

 

なので、今回は「JPGIS(GML)5m,10mメッシュ」でインポートを行います。

 

「JPGIS5m,10mメッシュ」でインポートしようとすると、エラーが出ます。

 

今回の図面位置に該当するxmlファイルのみ選択します。

 

変換設定を行います。

  • 座標系:作成箇所の平面直角座標系の系番号を指定
  • 平面直角座標系:該当地域の座標系を指定
  • 面データサーフェスを生成する(配色0~250)

 

平面直角座標系の系番号については、以下をご覧ください。

国土地理院 わかりやすい平面直角座標系

 

OKをクリックすると、読み込みが始まります。

 

サーフェスの生成が完了しました。

 

地形データの確認

ですが、何も表示されていません。

 

ポリゴン表示設定を見直します。

 

「ポリゴンの表示」をオンにします。

 

ポリゴン・サーフェスが表示されました。

 

座標軸を3D表示に切り替えます。

 

立体的に地形を確認することができました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました