スポンサーリンク
3次元計測

iPhone+Scaniverseを使い「Gaussian splatting」で取得したPLYデータを、TREND-POINTに読込む

iPhone LiDARを使用した3Dスキャンアプリの「Scaniverse」で「Gaussian splatting」が使用できるようになったという話を聞き、試してみました。 取得したPLYデータは、福井コンピュータの点群処理アプリ...
3次元計測

DJI【Terra】のインストールおよびフォトグラメトリテスト

「Mavic 3 Enterprise」を導入した際に付属していた、DJI「Terra」のインストールを行います。 Terraは通常有料ですが、1年間だけ使用できるようです。 DJI Terraは、ドローンのデータをより効果的に活用...
3次元設計

「Twinmotion for Revit」のインストール

Revitのライセンスを持っていると、Twinmotionが無料で使用できると聞いてインストールを行いました。アプリケーション名は「Twinmotion for Revit」というようです。Revitで作成したモデルをシームレスにTwin...
xR

360度カメラ「Insta360 X3」を開封⇒セットアップする

360度カメラ「Insta360 X3」を購入したので、開封からセットアップの様子をご紹介いたします。 開封 開封すると本体がお目見えしました。その下に、アプリケーションとガイドの紹介が表示されています。 ...
3次元設計

【Twinmotion】から360度動画を書き出す

今回は、Twinmotionから360度動画を書き出してみたいと思います。 使用したTwinmotionは、「Twinmotion 2022.2.3-Revit」です。 Revitがあれば追加費用なしで使用できます。 書き出すデータ...
3次元設計

NoLiDARのiPadで、【Polycam】 photo modeで3Dデータを取得し、Hololens2で表示する

今回は、NoLiDARのiPadで無料アプリ「Polycam」を使用して、フォトグラメトリにより3Dデータを取得し、それをHololens2で表示してみたいと思います。 iPadに「Polycam」をインストール 今回は、NoL...
3次元設計

【Tinkercad】でブラウザ上で3Dモデルを作成し、Hololens2で表示する

今回は、Autodesk社が提供する「Tinkercad」を使用したいと思います。 Tinkercadは、3Dデザイン、電子工作、コーディングのための無償Webアプリです。 機能の一つとしてCADがあり、クラウド上・ブラウザ上での3...
3次元計測

【iPhone LiDAR】で取得した座標付き点群データを【TREND-POINT】で編集し、【TREND-CORE】の3Dモデルと結合し、【Twinmotion】で表示する

今回は、iPhone LiDARで取得した座標付き点群データを、TREND-POINTで編集し、そのデータとTREND-COREの3Dモデルを連携させるほか、Twinmotionでも表示してみたいと思います。 iPhone LiDAR...
3次元設計

【TREND-CORE】道路の専用オブジェクトを作成し中央線を引く

前回、TREND-COREで「地理院地図のオルソ画像(航空写真)」を取り込み、地形に貼り付けを行いました。 今回は、TREND-COREで、道路の専用オブジェクトを作成し中央線を引きます。 道路専用オブジェク...
3次元設計

【TREND-CORE】地形に地理院地図のオルソ画像(航空写真)を張り付ける

以前、TREND-COREで「国土地理院 基盤地図情報 基本項目から宅地を作成」しました。 今回は、TREND-COREで「地理院地図のオルソ画像(航空写真)」を取り込み、地形に貼り付けリアリティのある3D地形モデルを...
ICT

Adobe Premire Proで動画を書き出そうとしたら「ファイル構造の矛盾が検出されました」とエラーが出て書き出しができない場合の対応

動画編集で、AdobeのPremire Proを使用しているのですが、数日前から動画を出力しようとすると以下のエラーが出るようになりました。 ファイルの読み込み機能により ●●●.mp4のファイル構造の矛盾が検出されました。 こ...
3次元設計

【V-nasClair】複数の点座標(XYZ)をCSVで出力したい

川田テクノシステムの3DCAD「V-nas Clair」を使用しています。 今回は複数の点の座標(XYZ)をCSVで出力する作業方法を記載します。 先に結論を記載しますが、V-nas Clairでは効率よく作業する方法はありませ...
3次元設計

【V-nasClair】ポリラインを配置基準として断面をスイープして3Dモデルを作成するときにうまくいかない場合の対処方法

川田テクノシステムの3DCAD「V-nas Clair」を使用しています。 ポリラインをもとに、断面をスイープするときにうまくいかない場合の対処について記載します。 思った通りにスイープができない サンプルとして、...
3次元設計

【V-nasClair】各種「Kitシリーズ」のメニューが表示されているのに使用できない場合の対処方法

川田テクノシステムの3DCAD「V-nas Clair」を使用しています。 バージョンアップ時などに、メニューに表示されているKitシリーズが使用できなくなった場合の対処について記載します。 メニューバーのアドオンが使用でき...
3次元設計

【V-nasClair】「LINER_Kit」で3D中心線形を作図し、それを基準線として標準断面をスイープする

川田テクノシステムの3DCAD「V-nas Clair」を使用します。 「アドオン『LINER_Kit』で3D中心線形を作図し、それを基準線として標準断面をスイープする」という作業を行います。 LINER_KItで3D中心線...
xR

iPhone Lidarで作成した3Dオブジェクトを【Microsoft Mesh】にインポートしてHololens2で見てみる

数回にわたり「Microsoft Mesh」を試用してみましたが、今回はiPhone Lidarで作成した3Dオブジェクトを「Microsoft Mesh」にインポートし、Hololens2で見てみます。 iPhone Lidar...
xR

TREND-COREで作成した3Dオブジェクトを【Microsoft Mesh】にインポートしてHololens2で見てみる(できました)

前回はV-nas ClairやTREND-COREで作成した3Dオブジェクトを「Microsoft Mesh」にインポートしてHololens2で見てみようと思っていたのですが、うまくいきませんでした。 今回は、試行錯誤したところなん...
xR

V-nas ClairやTREND-COREで作成した3Dオブジェクトを【Microsoft Mesh】にインポートしてHololens2で見てみる(できませんでした)

前回は「Microsoft Mesh」でスペースを開き、2台のHololens2を用いたメタバースコミュニケーションを試してみました。 今回は、V-nas ClairやTREND-COREで作成した3Dオブジェクトを「Microsof...
xR

Hololens2で【Microsoft Mesh】を使ったメタバースコミュニケーションを試してみる

前回は「Microsoft Mesh」というメタバースアプリがプレビュー版で公開されており無料で試すことができるという話を聞き、インストールしてみました。 今回は「Microsoft Mesh」でスペースを開き、2台のHololens...
xR

Hololens2に【Microsoft Mesh】のプレビュー版をインストールする

「Microsoft Mesh」というメタバースアプリがプレビュー版で公開されており無料で試すことができるという話を聞き、試してみることにしました。 インストールを行ったHololens2のバージョンは以下の通り。 Window...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました