スポンサーリンク
xR

【Unity・TREND-CORE連携】TREND-COREからエクスポートしたFBXデータをUnityにインポートする

福井コンピュータのCIMコミュニケーションシステムである「TREND-CORE」で、国土地理院の基盤地図情報データを用いて地形を作成しました。 今回は、TREND-COREからFBX形式でデータをエクスポートして、Un...
xR

【Unity】メニューを日本語化する

Windows10にUnityをインストールしました。 Unityのメニューがすべて英語表記なので、日本語化しようと思います。 前提条件 前回、Unity Hubインストール時に、言語パックを追加してインストールし...
xR

【Unity】Windows10にUnityをインストールする

VR化について検討する V-nas ClairやTREND-COREなどで3Dデータを作成したので、VR化したいと思います。 VR化するにはどうすればよいかという点ですが、いろいろと調べてみると簡単にはいかないようでした。 A...
3次元設計

【TREND-CORE】国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデルから地形データを作成する

以前、V-nas Clairで基盤地図情報 数値標高モデルから地形データの作成を行いました。 今回は同様の処理を、福井コンピュータ社の「TREND-CORE」でやってみようと思います。 基盤地図情報サイトより、数値標...
3次元設計

【V-nas Clair・TREND-CORE連携】V-nas Clairから出力したLandXMLとIFCデータをTREND-COREにインポートする

前回は、福井コンピュータのTREND-COREに座標値を設定しました。 現在、i-ConstructionではBIM/CIMのデータ交換基準として、土工は「LandXML」、構造物は「IFC」を規定しています。 ...
3次元設計

【TREND-CORE】V-nas形式の平面図を下図に、座標軸線(トンボ)より測量座標系を設定する

福井コンピュータのTREND-COREで、V-nas形式の平面図を下図に、座標軸線(トンボ)より測量座標系を設定する手順を記載します。 V-nasで平面図をSXF形式で保存 TREND-CORE側で下図として読み込める形式を確認します。...
3次元設計

【V-nas Clair】土工造成モデルの作成

前回は、国土地理院の基盤地図情報より、数値標高モデルデータを取得して、V-nas Clairで地形データの作成を行いました。 今回はその地形に任意の造成面を作成し、盛土モデル・切土モデルを作成したいと思います。 造成...
3次元設計

【V-nas Clair】XY平面でZ座標を表示する

簡単なTIPSですが、使用し始めた時には結構悩みました。 V-nas Clairである要素に高さ付け(Z値の設定)をしました。 上の画像では赤い丸の図形がZ=50mに設定されています。 作業の途...
3次元設計

【V-nas Clair】国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデルから地形データを作成する

前回、V-nas Clairで図面に座標の設定をしました。 今回は、その図面に国土地理院が提供する基盤地図情報 数値標高モデルデータを用いて、地形データを作成しようと思います。 前回、図面に測量座標の設定...
3次元設計

【V-nas Clair】座標軸線(トンボ)より、測量座標系を設定する

3DCADのV-nas Clairで、座標軸線(トンボ)が記載されている通常の2次元図面に、測量座標系の設定を行います。 このように、座標軸線だけが記載されている図面です。 図面の縮尺は「1/20...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました