【Dropbox】直接購入とリセラー購入で、Dropbox Business Advancedの機能に違いがある?

ICT

当社では、オンラインストレージ「Dropbox Business Advanced」の導入を進めています。

当初は在宅勤務に対応するため急いでいたので、Dropboxのウェブサイトから直接契約していました。

上記のように、ウェブサイトの無料トライアルから始めました。

しかし、本格導入に際し、請求書による支払いとサポートが受けられることから、リセラー経由での購入に切り替えました。

今回は、Dropbox Businessをリセラー購入をしたら、ちょっと機能が違って驚いたという話です。

あくまで当社が契約したリセラー経由での話であり、すべてのリセラーが同じかどうかは不明ですので、ご確認お願い致します。

機能の違い(1)チームメンバーフォルダがない

直接購入した際は、チームメンバーフォルダというものがありました。

チーム スペースとメンバー フォルダの概要

 

チームメンバーフォルダというのは、メンバー個人専用の紫色のフォルダです。

それが以下のように最初から用意されていました。

しかし、リセラー版ではチームメンバーフォルダがありません。

使い勝手が良いフォルダだったので、ないのは残念です。

 

機能の違い(2)ファイルリクエストがない

その他、画面の違いを見ていると「ファイルリクエスト」という項目がありませんでした。

ファイルリクエスト機能を使うと、他のユーザーからファイルを集めることができるようです。

Dropbox ファイル リクエストを使用して他のユーザーからファイルを集める
Dropbox アカウントで Dropbox ファイル リクエスト機能を使用して、任意のユーザーからさまざまなサイズのファイルを安全に集める方法をご覧ください。

 

機能の違い(3)管理コンソールの違い

 

コンテンツ管理

リセラー版には管理コンソールに、「コンテンツ管理」という項目があります。

チーム管理者、ユーザー管理者、サポート管理者という管理者形態を使い分けできるようです。

トップレベルの編集

直接購入版には「トップレベルの編集」という項目がありましたが、リセラー版にはありませんでした。

チームスペースのトップレベルにフォルダを作成できるが、管理者のみなのか全員なのかを選べる機能のようです。これは欲しかったので、リセラー版にないのは残念でした。

管理者による接続

リセラー版にあった「管理者による接続」ですが、

これは、Azure ADとDropboxを連携しSSO設定をしているためかもしれません。

(直接契約はこの設定をしていませんでした。)

リセラーサポート

リセラー版のみ「リセラーサポート」をオン・オフ選択する項目がありましたが、これは当たり前ですね。

 

わずかな違いですが…

Dropbox Businessを直接契約・リセラー契約して気づいた違いについて書きました。

リセラーさんは複数あるので、すべてのリセラー契約が上記に当てはまるかどうかわかりません。

また、Dropbox Businessの基本的な機能に違いはありません。

ですが、「チームメンバーフォルダの有無」や「トップレベルの編集」については、使いたかった機能なので、ないのは少し残念でした。

今後、アップデートで反映されることを祈っています。

 

これからDropbox businessをリセラー経由で契約を検討されている方は、確認したほうがいいかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました