【Power Apps】Office 365のSharePointをデータ元にCRUDアプリを作成する

ICT

前回は、Power Appsを試用するために「Office 365 Business Premium」の初期設定を行いました。

【Power Apps】「Office 365 Business Premium」の初期設定を行う
Power Apps Community PlanでShare Pointを使用する予定でしたが、同プラン単独ではShare Pointが使用できませんでした。 別途、Share Pointを使用できるライセンスが必要というこ...

 

引き続き、Office 365のSharePointをデータ元に、簡単なCRUDアプリを作成してみようと思います。

Power AppsからSharePointへ接続する

「Office 365 Business Premium」の初期設定が終わった状態の「Microsoft 365管理センター」から始めます。

 

Power Appsの画面へ移動します。

Microsoft 365管理センターのメニューボタンを押下します。

 

アプリ一覧が表示されますが、Power Appsが表示されていないので、「すべてのアプリ」をクリックします。

 

「Power Apps」をクリックします。

 

Power Appsの画面より、ホーム「データから開始」の中から「SharePoint」をクリックします。

 

作業の開始をクリック。

 

データの接続方法は、「直接接続(クラウド サービス)」にチェックをつけ、「作成」をクリック。

 

自社のSharePointサイトへの接続が可能になりました。

 

前の画面に戻り、データ-接続を見てみると、SharePointへの接続が表示されていました。

 

この状態から、データ-エンティティでデータの作成を試みましたが、「ソリューションが見つからない」という表示が出たので、「新しい環境の作成」をクリック。

 

プランのアップグレードをすすめる表示が出ました。

今回はOffice 365のみでアプリを作成したいので、キャンセルします。

SharePointでリストを作成する

Power Apps側でデータを作成するのができなかったので、SharePoint側で直接データリストを作成しようと思います。

Power Appsのメニューボタンを押下。

 

アプリ一覧より、「SharePoint」をクリック。

 

SharePointの画面が表示されます。

まだ何も触っていませんが、会社名のサイト・コミュニケーションサイト・All Companyサイト×2が作成されていました。

今回は新しくサイトを作成します。

 

SharePointのメニューボタンを押下。

 

アプリ一覧の中から「管理」をクリック。

 

Microsoft 365管理センターに戻ってきました。

左側メニューより、「すべてを表示」をクリックします。

 

管理センターの一覧が表示されます。

「SharePoint」をクリック。

 

SharePoint管理センターが表示されます。

…正直、管理センターがたくさんあり混乱しました。

サイト-アクティブなサイトを開き、上部にある「+作成」をクリック。

 

今回作成するのは、チームサイトにします。

 

サイト名やアドレスを適宜入力します。

グループメールアドレスについて、SharePointではサイトごとに個別の識別文字を割り当て管理するようなので、適宜指定します。

グループメールアドレスの識別文字がそのままサイトアドレスに使われます。

「次へ」を押す前に、「詳細設定」をクリックします。

 

言語を「日本語」、タイムゾーンを設定して、「次へ」をクリック。

 

グループメンバーは追加せずに完了します。

 

アクティブなサイト一覧に、作成したサイトが表示されました。

サイトのURLリンクをクリックすると、あたらしいサイトが表示されます。

 

サイト画面上部にある「+新規」をクリックし、「リスト」を選択します。

 

リスト名・説明を適宜入力します。

SharePoint画面の左側にあるナビに表示させるため、「サイト ナビゲーションに表示」にチェックを付けます。

「作成ボタン」を押下します。

 

サイト ナビゲーションに作成したリストが表示されるのでクリックします。

「+列の追加」を選択します。

 

「1行テキスト」を選択します。

 

列の作成を行います。

保存をクリックする前に「その他オプション」をクリック。

 

その他オプションで、データ入力が必須か・一意の値を適用するかのフラグを設定します。

今回はキーとなる項目なので、どちらも「はい」とします。

 

リストに項目が作成されました。

 

繰り返して、複数項目を作成しました。

Power AppsでSharePointのリストもとにアプリを作成する

Power Appsの画面に戻ります。

「データから開始」より「SharePoint」を選択。

 

サイト一覧に先ほど作成したサイトが表示されるので、選択します。

 

作成したリストを選択します。

 

データより自動的にアプリが作成されます。

 

画面が表示されました。

この状態ですでに、データを基にしたCRUD機能を有したアプリが作成されています。

 

とりあえずこの状態で保存します。

設定で、プロジェクト名やアイコンを指定します。

 

名前を付けて保存で、保存場所を「クラウド」に指定してPower Apps内にアプリを保存します。

 

今回は環境内で共有を行う必要はありませんが、共有ボタンを押します。

アプリの動作確認

Power Apps画面の左メニューより「アプリ」を選択すると、先ほど作成したアプリが表示されます。

 

実行画面が表示されます。「+ボタン」をクリックすると、データの追加ができます。

 

データを入力します。

「タイトル」という項目が想定外でした。

今回の例では、「プロジェクト名」という項目が不要で「タイトル」にプロジェクト名を入力するべきだったのかもしれません。

 

 

このように、データの入力ができました。

 

 

SharePointのリストにもデータが追加されているのを確認しました。

 

このように、全くコードを書くことなくCRUDアプリが作成できます。

次回以降、複数画面の遷移や、簡単なデータリレーションを試してみようと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました