【Power Apps】「Office 365 Business Premium」の初期設定を行う

ICT

Power Apps Community PlanでShare Pointを使用する予定でしたが、同プラン単独ではShare Pointが使用できませんでした。

【Power Apps】Power Apps Community PlanでShare Pointを使用する
前回、Power Apps Community Planの初期設定を行いました。 続いて、Share Pointとの接続を行う予定でした。 結論から申し上げますと、Power Apps Community Pla...

別途、Share Pointを使用できるライセンスが必要ということで、今回は「Office 365 Business Premium」の30日無料試用を試してみようと思います。

 

マイクロソフトのウェブサイトより、上部メニュー「Office」をクリック。

 

Officeのページで、「一般法人向け」をクリック。

 

「一般法人向け」をクリック。

 

「Office 365 Business Premium」の下の方にある「1か月間無料で試す」をクリックします。

「Office 365 Business Essentials」でもよいのですが、試用ができないようです。

 

プランの内容が表示されます。

最初の30日間が無料ということと、請求を回避するための期限を確認しておきます。

 

メールアドレスを入力します。

 

新しいアカウントを作成します。

 

利用者情報を入力します。

 

テキストメッセージか電話での認証を選ぶことができます。

今回は、テキストメッセージによるSMS認証を選択しました。

 

実運用では独自ドメインを使用しますが、今回は試用なので用意されている「onmicrosoft.com」というドメインのサブドメインで使用します。

 

初期ユーザーの登録を行います。

 

ユーザー数を指定できます。最大25ユーザーを登録できるようですが、今回は5ユーザーを追加しました。

 

今回は試用ですが、クレジットカードの入力が必要でした。

試用期間を過ぎてしまうと課金されてしまうので、注意が必要です。

 

再度無料体験の注意が表示されます。

期限は確実に把握しておいた方がいいでしょう。

 

Officeの設定に移動します。

 

今回、デスクトップ版のOfficeは不要なので、インストールせずに続行します。

 

ドメインの指定では、「差し当たりonmicrosoft.comのサブドメインを使用する」を選択しました。

 

ユーザーの追加が可能です。

「後で行う」をクリックしました。

 

DNSレコードの管理設定も「続行」します。

 

セットアップが完了しました。

「管理センターに移動」をクリックで、管理画面に移動できます。

 

今回はここまでとします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました