V-nas Clair

スポンサーリンク
3次元設計

【V-nas Clair】少し難しい図形の作図方法

3DCADでは立体を作成する際、平面を押し出して作成するのが基本です。 V-nas Clairでも押し出したい断面をXY平面に描き、押し出します。  →   では以下のようなピラミッド型の図形はどうすれば作成できるでし...
3次元設計

【TREND-POINT】点群地形データから等高線(コンター)を作成し、DXF形式でV-nas Clairにインポートする

V-nas Clairで、TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成 しました。 今回は、TREND-POINTで点群データから等高線(コンター)を作成してDXF形式でエクスポート、それをV-nas Cla...
3次元設計

【TREND-POINT】点群データからTIN(三角網)地形データを作成し、Land-XML形式でV-nas Clairにインポートする

当社では、ドローン空撮画像からSfM処理にて点群データを作成しています。 点群データの処理は主に福井コンピュータの「TREND-POINT」を使用しています。 今回は、TREND-POINTを利用して点群データからTIN(三角網...
3次元設計

【V-nas Clair】Z座標値を一括変換して同じ高さに移動する

前回、TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成しました。 作成した等高線はZ値を持っているため、3D表示することができます。 しかし、高さのない2Dのコンター図にしたい場合もあると思います。...
3次元設計

【V-nas Clair】TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成

V-nas Clairにある地形データから等高線(コンター)を作成します。 オプション製品を使用せずに、V-nas Clair標準機能で自動作成が可能です。 TIN(三角網)ポリゴンモデルを用意 地形データは、点群データをTIN(...
3次元設計

【V-nas Clair・TREND-CORE連携】V-nas Clairから出力したLandXMLとIFCデータをTREND-COREにインポートする

前回は、福井コンピュータのTREND-COREに座標値を設定しました。 現在、i-ConstructionではBIM/CIMのデータ交換基準として、土工は「LandXML」、構造物は「IFC」を規定しています。 ...
3次元設計

【V-nas Clair】土工造成モデルの作成

前回は、国土地理院の基盤地図情報より、数値標高モデルデータを取得して、V-nas Clairで地形データの作成を行いました。 今回はその地形に任意の造成面を作成し、盛土モデル・切土モデルを作成したいと思います。 造成...
3次元設計

【V-nas Clair】XY平面でZ座標を表示する

簡単なTIPSですが、使用し始めた時には結構悩みました。 V-nas Clairである要素に高さ付け(Z値の設定)をしました。 上の画像では赤い丸の図形がZ=50mに設定されています。 作業の途...
3次元設計

【V-nas Clair】国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデルから地形データを作成する

前回、V-nas Clairで図面に座標の設定をしました。 今回は、その図面に国土地理院が提供する基盤地図情報 数値標高モデルデータを用いて、地形データを作成しようと思います。 前回、図面に測量座標の設定...
3次元設計

【V-nas Clair】座標軸線(トンボ)より、測量座標系を設定する

3DCADのV-nas Clairで、座標軸線(トンボ)が記載されている通常の2次元図面に、測量座標系の設定を行います。 このように、座標軸線だけが記載されている図面です。 図面の縮尺は「1/20...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました