【TREND-POINT】点群地形データから等高線(コンター)を作成し、DXF形式でV-nas Clairにインポートする

3次元設計

V-nas Clairで、TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成 しました。

【V-nas Clair】TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成
V-nas Clairにある地形データから等高線(コンター)を作成します。 オプション製品を使用せずに、V-nas Clair標準機能で自動作成が可能です。 TIN(三角網)ポリゴンモデルを用意 地形データは、点群データをTIN(...

 

今回は、TREND-POINTで点群データから等高線(コンター)を作成してDXF形式でエクスポート、それをV-nas Clairにデータをインポートしようと思います。

点群データから等高線を作成

TREND-POINTで点群データを取り扱います。

用意した点群データは、このような河口部のものです。

メニューより、等高線-等高線作成をクリックします。

 

等高線の作成ウィンドウが表示されます。

範囲指定は全て、作成条件は上記のように指定しました。

等高線の作成をクリックします。

 

点群から等高線が作成されましたが、見づらいため点群を非表示にします。

 

データ一覧より、点群のチェックを外します。

等高線のみの表示となりました。

DXF形式でV-nas Clairへデータ移行

作成した等高線データをDXF形式でV-nas Clairへデータ移行します。

メニューより、ファイル-DFX/DWGファイル書込み。

 

書込み設定は上記のように設定しました。

 

任意のファイル名で分かりやすい場所に保存します。

 

以下より、V-nas Clair側の操作となります。

メニューより、ファイル-開く

 

TREND-POINTよりエクスポートしたDXFファイルを指定します。

ウィザードを使用にチェックを付けます。

 

チェックを付けたので、ウィザードが始まりました。

今回は、スケールと単位のみを指定しました。

 

等高線(コンター)データを移行することができました。

等高線を点群データから作成するか、点群データからTINサーフェスに変換して作成するか、要件に応じて作業する必要があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました