【TREND-POINT】点群データを座標変換して平行移動する

3次元設計

V-nas Clairにて、Z座標値を一括変換して同じ高さにしました。

【V-nas Clair】Z座標値を一括変換して同じ高さに移動する
前回、TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成しました。 作成した等高線はZ値を持っているため、3D表示することができます。 しかし、高さのない2Dのコンター図にしたい場合もあると思います。...

 

今回は、TREND-POINTで点群データを座標変換して平行移動します。

 

メニューより、変換と計測-座標変換-座標値指定をクリックします。

 

ダイアログにて、変換方法を平行移動に指定します。

移動量はZ値を10センチメートル移動します。

変換実行をクリックします。

 

一度変換処理を行うと、元に戻せなくなることに留意します。

はいを押すと、変換が実行されました。

 

平行移動のほかに、アフィン変換、ヘルマート変換、3Dヘルマート変換の変換方法があるようです。

 

このように、TREND-POINTは点群処理に特化しており、簡単に変換・編集処理を行うことが可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました