【V-nas Clair】TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成

3次元設計

V-nas Clairにある地形データから等高線(コンター)を作成します。

オプション製品を使用せずに、V-nas Clair標準機能で自動作成が可能です。

TIN(三角網)ポリゴンモデルを用意

地形データは、点群データをTIN(三角網)に変換したものです。

V-nas Clairのマニュアルでは、「ポリゴンモデル」に分類されます。

福井コンピュータの「TREND-POINT」は点群データから直接等高線を作成できますが、V-nas Clairは一度ポリゴンモデルに変換する必要があります。

TIN(三角網)は、地表面を三角形の集合で表現した構造データです。

細かな不整三角形で地形が表現されます

等高線の作成

等高線作成コマンドを行うと、アクティブレイヤに等高線が作成されるので、レイヤを準備します。

3D-線作成-等高線生成コマンドを実行します。

(V-nas Clair標準コマンドです)

 

対象のポリゴンを選択するよう指示されるので、該当の地形ポリゴンデータを選択します。

 

等高線生成設定ダイアログが表示されます。

等高線間隔は、任意の値をメートル単位で入力します。

等高線属性『MAP_OPTION』を付与するのチェックボタンについては、マニュアルを見ると、このオプション属性を付与しておくことで、「『3D-変換-3D地形-TIN生成』コマンドで逆変換が可能」になるようです。

今回は逆変換を想定していないので、チェックを外します。

 

コマンドを実行すると、等高線(コンター)が表示されました。

 

二次元の等高線ではなく、高さを持った三次元の等高線となります。

Z座標値表示切替ボタンを押します。

 

高さが表示されます。

 

このように、3D地形データがあれば簡単に等高線(コンター)を作成することができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました