【360度動画編集】Adobe Premire Proで編集を行う(タイトル・正面向き変更)

xR

前回は、Adobe Premire Proをインストールしました。

【360度動画編集】Adobe Premire Proを無料体験する
Unityを使用して、360度VR動画を作成しました。 作成した360度動画は、編集の必要があります。 まず、正面がおかしな方向を向いているので、修正する必要があります。 また、タイトルやテロップがないので...

 

今回は、実際にAdobe Premire Proで360度動画の編集を行ってみます。

こちらを参考に行いました。

360度VRビデオの編集方法
Adobe Premiere ProでVRエフェクトやVRトランジションなど、業界最高レベルのワークフローを使用し、360度VRビデオを編集する方法を説明します。

 

360度動画の取り込み

Premire Proに元動画を読み込みます。

新規プロジェクトを作成します。

元動画をドラッグアンドドロップするだけで、読み込みが可能です。

読み込んだ動画を、タイムラインに表示します。

こちらもドラッグアンドドロップするだけです。

動画の360度表示

 

動画が表示されました。

しかし、360度動画表示ではなく、平面展開されています。

このままでは編集しにくいので、360度動画表示にします。

右下の+をクリック。

 

ボタンを追加できます。上記のマークのボタンを追加します。

このボタンは、360度表示に切り替えるボタンです。

 

360度表示になりました。

VRタイトルの追加

作成した動画にタイトルを付与します。

 

ファイル-新規-レガシータイトル

 

タイトル編集画面となるので、適宜タイトルを作成します。

作成したタイトルを、タイムラインに表示します。

表示されましたが、画面で見た通りではなく足元に歪んだ状態で表示されました。

これは、元動画が360度動画なのに対し、平面のタイトルを追加したからです。

 

Premire Proには、360度動画用のエフェクトが用意されています。

検索窓に「vr」と入力すると、VR用のエフェクトが表示されます。

VR対応させるため、タイトルに「VR平面として投影」のエフェクトを付与します。

 

今度は、歪むことなくタイトルが表示されました。

VR用のビデオトランジションの設定

ビデオトランジションについても、VR用のものが用意されています。

今回は動画の切り替わりに、「VRアイリスワイプ」を設定しました。

正面の変更

元動画では、最初に向いている方向は以下の通りです。

初期状態として、重機のほうを向くように設定します。

 

動画に、「VR回転(球)」のエフェクトを設定します。

 

設定後、「パン(Y軸)」の値を変えると、VR動画の向きが変わります。

360度動画の書き出し

予定していた編集が終わりましたので、ファイルを360度動画として書き出します。

ファイル-書き出し-メディア

 

形式を「H.264」にして、VRビデオとして処理にチェックをつけ、書き出しボタンを押すと始まります。

完成した動画

参考に、編集前の動画と、編集後の動画を公開します。

編集前

Adobe Premire Proによる360度動画の編集(編集前)

編集後

Adobe Premire Proによる360度動画の編集(編集後)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました