【V-nas Clair】Z座標値を一括変換して同じ高さに移動する

3次元設計

前回、TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成しました。

【V-nas Clair】TIN(三角網)地形データから等高線(コンター)を作成
V-nas Clairにある地形データから等高線(コンター)を作成します。 オプション製品を使用せずに、V-nas Clair標準機能で自動作成が可能です。 TIN(三角網)ポリゴンモデルを用意 地形データは、点群データをTIN(...

 

作成した等高線はZ値を持っているため、3D表示することができます。

しかし、高さのない2Dのコンター図にしたい場合もあると思います。

今回は、高さのある等高線のZ座標値を一括変換して高さ0にしたいと思います。

Z座標値の一括変換

メニューより、3D-変形-Z座標移動

V-nas Clairの標準機能です。

 

等高線をすべて選択することで、等高線上のすべての点を選択することができます。

 

Z値設定ダイアログでは、点に設定するZ値を指定します。

今回はすべてのコンターを高さ0にして2D図面としたいので、絶対座標0メートルを指定します。

 

処理が終了しました。上から見ただけではわかりません。

Z座標値の確認

視点を変更してZ座標値が一律変換されたか確認します。

XY視点からXZ視点に変更します。

真横から見る視点になります。

線状になっており、高さが一律なことがわかります。

座標計測を行います。

 

どの点を選択しても、Z座標値は0でした。

 

このように、一括でZ座標値を相対値や絶対値で変更することができます。

同一アプリケーションで3D図面と2D図面を取り扱えるという点が、V-nas Clairのメリットだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました