【V-nas Clair・TREND-CORE連携】V-nas Clairから出力したLandXMLとIFCデータをTREND-COREにインポートする

3次元設計

前回は、福井コンピュータのTREND-COREに座標値を設定しました。

【TREND-CORE】V-nas形式の平面図を下図に、座標軸線(トンボ)より測量座標系を設定する
福井コンピュータのTREND-COREで、V-nas形式の平面図を下図に、座標軸線(トンボ)より測量座標系を設定する手順を記載します。 V-nasで平面図をSXF形式で保存 TREND-CORE側で下図として読み込める形式を確認します。...

 

現在、i-ConstructionではBIM/CIMのデータ交換基準として、土工は「LandXML」、構造物は「IFC」を規定しています。

今回は、V-nas Clairで作成したデータから「LandXML」と「IFC」形式でエクスポートして、座標値を設定したTREND-COREにインポートします。

V-nas Clairで構造物のサンプルデータを作成

土工のみで構造物を作成していませんでした。
簡単なサンプルデータを作成します。

V-nas Clairからエクスポートする

地形のエクスポート

最初に、地形をLandXML形式でエクスポートします。

LandXML形式およびIFC形式での入出力は、オプション製品である「i-ConCIM_Kit」が必要です。

メニュー-LandXMLツール-LandXML(サーフェスのみ)

今回はサーフェスしかありませんので、サーフェスのみのコマンドを使用します。

 

エクスポート項目の設定画面ですが、今回は地形のサーフェスしかありませんので、上記のように設定をしました。

 

続いてXML出力設定ですが、ここもテストなので簡単に設定しました。水平座標系を「平面直角座標系第12系」に設定しました。

造成面のエクスポート

続いて同様に、造成面もエクスポートします。

同じ座標系を設定します。

構造物のエクスポート

最後に、構造物のエクスポートを行います。

 

メニュー-i-ConCIM-IFCツール-IFCエクスポート

 

属性の設定などもできるようですが、今回はテストなので属性は設定しません。
測地系は、土工と同様に平面直角座標系第12系を指定します。

 

結果、以上3ファイルを出力しました。

TREND-COREにインポートする

V-nas ClairからエクスポートしたLandXMLとIFCファイルを、TREND-COREにインポートします。

LandXMLファイルのインポート

メニュー-読込-LandXML

 

まず、地形からインポートします。

 

LandXMLファイルの形式が正しくないアラートが出ました。
とりあえずこのまま読み込みを続けます。

 

読み込み対象の選択を求められます。

今回はサーフェスのみなので、サーフェスのみにチェックをつければいいのかもしれませんが、デフォルトのまますべてにチェックが入った状態にします。

 

次の画面も、今回はそのままとしました。

 

とりあえず読み込むことはできたようです。

 

同様に造成面のLandXMLファイルもインポートします。

 

無事読み込みが完了しました。

座標値を確認したところ、V-nas側で設定した通りの値となっていました。

IFCファイルのインポート

続いて、構造物のIFCファイルをインポートします。

 

メニュー-読込-IFC

 

こちらの読み込み設定はあっさりしています。

座標値を設定済みなので、基準点を指定するのチェックは外しています。

 

V-nasから出力した構造物データを指定します。

 

構造物も正しい位置に設置されました。

しかし、インポートした構造物の面に色がついていない箇所があります。
何度か試したのですが、これは解消しませんでした。

自分の入出力処理操作に問題がありそうなので、後日サポートに問い合わせてみようと思います。

とりあえずファイル連携はできたので、今回はここまでとします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました