Phantom4 Proに【CrystalSkyモニター】を取り付ける

3次元計測

当社では写真測量のためにドローンを使用しておりますが、この度操作性の向上のために、DJI「CrystalSky」を導入することになりました。

今回導入するのは、7.85インチの高輝度タイプになります。

サイズはこのほかに5.5インチのモデルがあり、7.85インチには超高輝度タイプという製品もあります。

ブラケットの取り付け

まずは、コントローラーにブラケットを取り付けます。

このブラケットはPhantom4用で、別売りの商品です。

ドローンに合わせたブラケットが必要となります。

早速取り付けを開始します。

Phantom4 Proに取り付けます。

まずは既存のブラケットを外します。

 

取り外すことができました。

 

 

CrystalSkyを取り付けます。

 

取り付け後、ケーブルをドローンのコントローラのUSBに差し込みます。

これでブラケットの取り付けは完了です。

ディスプレイの取り付け

続いて、ディスプレイを取り付けます。

ディスプレイはワンタッチで取り外せるようになります。

まずは取り付け部分を外します。

レバーを矢印の方に持っていくと、取り付け部分が外れます。

 

真上に引き抜くようにすると、取り外すことができます。

 

ディスプレイを取り出します。

 

ディスプレイの底部に取り付けます。

 

ディスプレイを取り付け後、ブラケットに丸ごと取り付けます。

 

取り付けが完了しました。

ディスプレイの起動

CrystalSkyを起動します。

CrystalSkyは、付属のバッテリーを電源とします。

バッテリーの充電は、「ドローン付属の充電ケーブル」を使用しました。

CrystalSkyの充電器にUSBの口があったので、これで充電できるかと思ったのですが、これは出力用でしょうか?ここからは充電できませんでした。

ドローン付属の充電ケーブルを差す口があるので、それを使用してバッテリーの充電を行いました。

 

日本語を選択。

CrystalSky自体はSIMカードを差すことはできないので、Wi-fiが必要となります。

Wi-fiがなくても飛行自体は可能なようですが、飛行時の地図が正しい位置に表示されません。

 

DJIアカウントが必要となります。

アクティベーションが完了しました。

 

これで、仕様が可能になりました。

初期状態で、「DJI GO」と「DJI GO 4.0」がインストールされています。

タブレットのように、他のアプリをインストールすることはできません。

ある意味、安全ではないでしょうか?

 

自動飛行は、「DJI GS Pro」ではなく、「DJI Fly」というアプリケーションを使用するようです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました