【Metascan】iPhoneでMetascanを使い「LiDAR」と「フォトグラメトリ」を試してみる

3次元計測

最近話題のiPhone LiDAR・フォトグラメトリを試してみました。

端末は「iPhone 13 Pro」、アプリケーションは「Metascan」を使用しました。

Metascan – 3D LiDAR Scanner

 

iPhone LiDARのテスト

LiDAR撮影時のデータは下の通りです。

撮影時間は5分程度でしょうか。

とにかく手軽にスキャンできるのが良いですね。

 

LiDARの結果は下の通りです。

後ほど行ったフォトグラメトリに比べると、詳細部の精度がいまいちです。

細部にこだわるようなスキャンには向いていないようです。

 

iPhone フォトグラメトリのテスト

フォトグラメトリ撮影時のデータは下の通りです。

撮影時間は10分程度。写真を200枚撮りました。

LiDARよりは手間がかかります。

 

フォトグラメトリの結果は下の通りです。

詳細部の精度がよく、木目模様もはっきり出ています。

 

 

試用した感想

「LiDAR」と「フォトグラメトリ」、どちらもiPhoneを使用した三次元計測ですが、強み・弱みがありそうです。

感想としては、

LiDARは、

  • とにかく早くそれなりの3Dモデルを取得可能。
  • LiDARセンサーを使用しているので、大きさ・長さについてそこそこ正確。

フォトグラメトリは、

  • LiDARに比べると手間と時間がかかる。
  • 詳細部の精度はそれなりに出る。

と思いました。

適所で使うことで便利なツールとなると思うので、今後も試用を続けていこうと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました