【Microsoft 365】PowerShellでExchange OnlineやMicrosoft Teamsに接続し、コマンドで情報を照会する

ICT

当社では、「Microsoft 365」の導入を進めています。

今回はWindows PorwerShellでExchange Online・Microsoft Teamsに接続し、コマンドを用いて情報を取得したいと思います。

Microsoft 365は、「Microsoft 365 Business Basic」を契約しています。

 

PowerShellの起動(管理者として実行)

まずは、Windows PowerShellを起動します。

右クリックから、「管理者として実行」します。

 

PowerShellからExchange Onlineに接続する

まずは、Exchange Onlineから接続します。

Import-Module ExchangeOnlineManagement

 

エラーが出てしまいました。

Import-Module:モジュールディレクトリに有効なモジュール ファイルが見つからなかったため、指定されたモジュール’ExchangeOnlineManagement’は読み込まれませんでした。

モジュールをインストールする必要があるようです。

Install-Module -Name ExchangeOnlineManagement

 

「NuGetプロバイダー」をインストールするか聞かれます。

続行するには NuGet プロバイダーが必要です

PowerShellGetで NuGet ベースのリポジトリを操作するには’2.8.5.201’以降のバージョンの NuGet プロバイダーが必要です。

「Y」を入力します。

 

信頼していないリポジトリからモジュールをインストールするか聞かれます。

「Y」を入力します。

 

インストールが完了したので、モジュールをインストールします。

Import-Module ExchangeOnlineManagement

 

モジュールのインポートが完了したので、Exchange Onlineに接続します。

Connect-ExchangeOnline

「アカウントにサインイン」画面が表示されるので、Microsoft365アカウントでサインインします。

 

PowerShellからExchange Onlineの情報を取得する

以下のコマンドを入力し、Exchange Onlineの情報を取得します。

Get-UnifiedGroup

 

このように、コマンドからグループの情報を取得することができました。

 

PowerShellからMicrosoft Teamsに接続する

同様に、Microsoft Teamsに接続します。

下記コマンドでTeamsモジュールをインストールします。

Install-Module -Name MicrosoftTeams

 

信頼されていないリポジトリからモジュールをインストールしますか?と聞かれるので、「Y」を入力してインストールを行います。

 

ダウンロードが始まります。容量があるので少し時間がかかります。

 

以下のコマンドで、モジュールをインポートします。

Import-Module MicrosoftTeams

インポート後、以下のコマンドでTeamsに接続します。

Connect-MicrosoftTeams

Exchange Onlineの時と同様に、Microsoft365へのログインを促されるので、ログインを行います。

 

PowerShellからMicrosoft Teamsの情報を取得する

Teamsに接続ができたので、以下のコマンドでTeamsの情報を取得します。

Get-Team

 

上記の通り、Teams内のチーム情報を取得することができます。

 

設定の確認や一覧の取得など、PowerShellから行うと便利ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました