【Windows11】タスクバーの位置をWindows10と同じ左端にする方法

ICT

社内PCの主力OSはWindows10ですが、次世代のWindows11の検証も進めています。

最初にWindows11を使用し始めて、一番の違和感が「タスクバーの位置」。

Windows10まではタスクバーは左端だったのですが、Windows11からはMacと同じように中央に配置されています。

 

このように、中央に配置されています。

 

さらに、この端末はウィジェットが左端に配置されています。

そのため、Windows10の慣れで左端のウィジェットをついつい開いてしまいます。

慣れの問題ではあるのですが、違和感は否めません。

 

今回は、タスクバーの位置を中央から左端にしてみたいと思います。

 

まずは、タスクバーの空きスペースを右クリックします。

すると、「タスクバーの設定」が表示されるので、クリックします。

 

ウィジェットとチャットを非表示にする

「個人用設定>タスクバー」ウィンドウが表示されます。

「タスクバー項目」では、タスクバーに表示される項目を選択することができます。

今回は使わないウィジェットとチャットを非表示にします。

チャットは「Microsoft Teams」なのですが、これは個人用のTeamsです。

会社で使用するTeamsとは別アプリになっており、使用しないため非表示にします。

 

ウィジェットとチャットを「オフ」にしました。

 

タスクバーの位置を左寄せにする

続いて、タスクバーの位置を左に寄せます。

タスクバーの動作を選択します。

 

タスクバーの配置を中央揃えから「左揃え」に変更します。

 

この設定で、タスクバーが左揃えになりました。

Windows10と同じようになるわけではありませんが、これで少し使いやすくなりました。

 

タイトルとURLをコピーしました