【Power Automate】を使用して、Microsoft Teamsへ自動投稿をする

ICT

今回ははじめてPower Automateを使用してみようと思います。

Power Automateとは、マイクロソフトが提供するPower Platformの一つで、ワークフローに従い連係動作を自動で行ういわゆるRPAの一つです。
Power Automateは、Microsoft365を契約していると無料で使うことができます。

フローの作成

それではさっそく使ってみます。
今回は部屋の換気を促すメッセージをTeamsに自動で流したいと思います。
まずは、フローを作成します。

 

Power Automateの画面を開きます。

Power Automate | Microsoft Power Platform
自動ワークフローを Power Automate (旧名称: Microsoft Flow) で簡単に作成し、業務プロセスの自動化により生産性を向上します

 

左側メニューより、「作成」をクリックします。

 

 

テンプレートから始めることもできますが、今回は「空白から開始」します。

定時間隔で実行するフローを作りたいので、「予定フローを作成」をクリックします。

 

フローを設定します。

任意のフロー名を入力後、開始時刻と繰り返し間隔を設定し、「作成」ボタンをクリックします。

 

定時間隔でフローをキックする設定が完了したので、次のステップの設定に写ります。

「新しいステップ」をクリックします。

 

次のアクションは、Teamsへの投稿です。

「Microsoft Teams」を選択します。

 

アクションから「メッセージを投稿する」を選択します。

 

投稿するチームを指定し、メッセージの内容を編集します。

編集後、「保存」ボタンをクリックします。

 

エラーが表示された

エラーが出ました。

フロー表示名は、3文字以上でなければならないようです。

 

フロー名を3文字以上に変更しました。

 

動作確認

それでは自動投稿ができているか確認してみましょう。

一時間ごとにメッセージが投稿されています。

しかし、この設定では24時間投稿され続けてしまいます。

開始時刻と終了時刻を設定するべきでした。

修正は以降ということで、今回はここまでとします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました