【ArcGIS】表示スペースを広く取りたい

GIS

ArcGISのユーザーの皆さんの中には、真ん中の作業スペースが狭いので、もっと広く取れないだろうか?と思われた方もいるのではないでしょうか。そこで今回は真ん中の作業スペース(ビューと言います)を広く取る方法を紹介したいと思います。

下の図は、ArcGISpro(ver2.5)の画面構成です。

左右の赤枠はそれぞれコンテンツウインドウ、カタログウインドウと呼ばれています。この2つを自動非表示にすることにより、作業スペースを広く取ることが可能になります。

それではコンテンツウインドウを例にとって説明します。

コンテンツウインドウを拡大すると、右上にピンのマークがあることが分かります。このマークをクリックしてピンを横に倒すだけで非表示にすることが可能になります。カタログウインドウでも同様です。

どちらも非表示にすると、以下のようになり画面を広く使えます。

非表示後にコンテンツ、カタログそれぞれの文字をクリックすると一時的に表示されます。表示を元に戻すには先ほどのピンをクリックして縦にするだけです。表示スペースが狭くて困っている方はぜひ試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました